ブライダルエステでもおすすめのネイルケア

結婚式の中には、新郎新婦の指輪の交換やキャンドルサービスなど、何かと指先に視線が集まる機会が多くなります。そこでブライダルエステを受ける際にも余裕があれば、ハンドケアやネイルケアも行っておくのがおすすめです。

ネイルサロンに行けば、ブライダルエステ用のプランとして、挙式の1カ月前からのハンドマッサージから始まり、爪を磨いてマニキュアを塗ったり、甘皮の処理したりするなどの爪の手入れを行ってくれます。そして1週間くらい前から爪の形を美しく整えてくれます。

希望すればネイルアートも施してくれます。飲食店や美容院、医療機関などで働いていて、業務上爪を長く伸ばせなかったり、塗るのを控えていたりする人でも式の前日にアートを施したり、チップを付着してくれたりするので、仕事の理由であきらめる必要はありません。

そして、ネイルアートを依頼する際には、事前に着る衣装をサロン側に伝えておけば、ドレスのデザインに合わせた最適なアートを施してくれるでしょう。